前へ
次へ

税金と法律の関係性とは

税金は国を維持していく時や発展させる時に役立つ物ですが、国民には納税の義務が存在します。納税は憲法で義務になっているので、一定の所得があるのに税金を未納にすると、法律違反に該当してきます。税金は国だけでなく地方公共団体や都道府県が公共サービスを維持する為に必要になりますから、納税する人が居なければ、国や地方で快適な生活ができなくなってしまうので、税金が非常に重要な存在です。納税をするには税務署に行って自ら申告をする必要があり、この制度を申告納税制度といいます。脱税等をした場合は法律違反として、罰金が取られてしまう事もありますから、しっかり申告をする事が重要になります。深刻な違反があった場合は逮捕されてしまうリスクもあるので、分からない事がある場合は税務署に相談をするか、税理士を雇う事が大切です。税務署に相談をする分には、相談料が発生する事もありませんから、税金で不安がある場合は、一回問い合わせをしてみると気持ちが晴れます。

Page Top